YouTube SEOとWeb SEOは、違うぞ! だから、TubeスカウターとコンテンツスカウターZは違うのだよ!

YouTube SEOって?

まず、こちらの動画解説をどうぞ!

38 YouTubeリサーチツール Tubeスカウター コンテンツスカウターZと何が違う?

SEOを知ってる人なら、今更説明するまでもなく、YouTubeで検索キーワードを入れた後の検索結果で上位に出すための策のことです。

YouTubeで、『足立 明穂』って入れれば、私の動画がどどーって出てきます(見たくない?w)。それです。

『足立 明穂』で検索する少数派と違って(?)、『鬼滅の刃 テーマソング』とか、『やってみた』とか検索すると、それに関連した動画が並びます。

この時に上位に出すために、タイトルを工夫したり、タグを追加したり、動画説明欄の文章を修正したりするのです。

Web SEOって?

Web SEOってのは、私が、今作った造語ですけど(をい!)、いわゆるSEOのことで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワードを入力して、そこで上位サイトに出てくるようにする策のこと。

こちらも、上位に表示されるために、タイトル、見出し構成、文字数、画像、内容などを工夫していきます。

背もたれに寄りかかるYouTube、背もたれ不要の検索

なんのこと?ってタイトルですが、YouTubeを見ているときと、検索してるときを思い浮かべてみてください。

YouTubeは、どちらかというと、『なんか面白い動画がないかなぁ・・・』ってな調子で、背もたれに寄りかかって、スマホで、何気に見始めます。

そのとき、YouTubeの横に、他の動画のサムネイルが並ぶので、つい、気になる動画をクリックして、気が付くと、何本も動画を見てたってことになりますよね?w

ところが、検索する場合は、どうなるのか?

検索する場合は、何かを調べたくて、キーワードを入力します。

『知りたいこと』があるので、もっと、積極的です。

背もたれに寄りかかっている場合ではないのです!w

そう考えると、コンテンツSEOは、より内容が重要であり、検索してきた人が役立つような内容にしなければ、上位に上がっていきません。

しかし、YouTube SEOの場合は、気になるサムネイルの方が大事ですし、どこから流入してくるのかは、再生回数を高める、チャンネルの登録者を増やすことが、まず最初です。

このように、同じ『SEO』といっても、視聴者、閲覧者の行動、行動の元になる動機が全然異なるのです。

調べる指標が異なる!TubeスカウターとコンテンツスカウターZの両方を使いこなすべき!

指標が異なるということは、それぞれリサーチツールが違ってくるのです。

似ていても、まったく違う目的で作られているのですよね。

あ、似ているってのは、下記の2つ

YouTubeリサーチツール Tubeスカウター

上位動画のタイトルやタグ、動画説明欄、再生回数、チャネル登録者数などを、調べてくれる便利ツール。

あ、こっちに詳しい記事があるので、そちらを

検索エンジン・リサーチツール コンテンツスカウターZ

コンテンツスカウターZは、検索エンジンの上位サイトを調べてくれるツール。

タイトル、URL、ページ内の文字数や、多く含まれている単語の分析なども行います。

タグを解析して、ページ構成なども調べてくれます。

こんなの、手作業でややってたら、何時間、何日かかるか分からない。

WebサイトのSEO対策するなら、コンテンツスカウターZを使わない手はないでしょうw

>>コンテンツスカウターZを購入するには、こちらから!<<

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする