醍醐寺Exhibitionで落合陽一さんの作品を見てきました!夕暮れに行くと感動するよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発売1週間で増刷決定!絶賛発売中!
だれにでもわかるNFTの解説書 ライブ・パブリッシング刊

NFTって何?という説明から、今後広がるメタバースとNFTの関係まで、あらゆる話を網羅!
初心者の方にも理解しやすいように、専門用語を極力使わず解説しました。
11/8の発売日と同時に、アマゾンでは在庫切れに。ご迷惑をおかけしていますm(__)m

醍醐寺で開催されている『落合陽一 物化するいのちの森 - 計算機と自然 - 醍醐寺Exhibition』に行ってきました。日没前の16時に行ったので、幻想的な風景で感動しました。落合さんは夜に行け!って言ってますが、私は16時から17時(一旦閉まります)が夕暮れと重なって、カラスの鳴き声やお寺の鐘の音もあって、いつまでも見てられますよ!w

あ、でも、めっちゃ冷えてくるので寒さ対策はしっかりとやってね!!

夕日と電子蝶

なかなか、このコントラストで撮影するのはムズイですが、実際に目で見ると非常に面白い。

寒くなってくるので、人も少なくなって静かな中で、カサカサと落ち葉が落ちてくる音とかも聞こえるし、そこにデジタルに成長する木々を見るってのも、面白いですよ。

上半分が夕日に染まる五重塔

これも、ちょっと嬉しかった。すべてが光を受けるってのもいいけれど、こういう夕日でのコントラストも趣がありますよね。

そして、ここからが私の大好きなトワイライトゾーン。

トワイライトゾーンは、太陽が沈んで直接太陽が照らしているわけではないけど、薄明るい時間。このとき、『影』は消えてしまいます。そう、影のない世界なんですよね。

早朝の日の出前のトワイライトゾーンも同じく影がない世界になります。

この時間がたまらなく好きなんです。この時間帯には、光も闇もない、『中庸』の世界でもあり、善も悪もないって気がするのですよね。すごく不思議な感覚になります。

トワイライトゾーンで成長する質量のない木々
空が薄っすら明るく、道を照らすライトも見えます。この時間、不思議な感覚に。そして、そこでウネウネする電子生命

なんと! ゴーストも現れました!電子生命でもゴーストになるんですね!(笑)

12/5(日)までなので、ぜひ!! また、この場が、2018年の台風で、仁王門から五重塔への参道脇の樹木が倒れた森林跡地であることも、現場に行くからこそ体感できます。

あ、そうそう! 霊宝館Exhibitionも、必ず足を運んでください。落合陽一さんのプラチナプリント作品が鑑賞できます。こっちも、『これが、プリント???』ってほど感激します。木目など細部がプリントされていて、白黒だからこその輪郭がくっきりしているのが分かります。まるでレントゲン写真みたいw あ、こちらは、撮影禁止なので、自分の目で確かめてくださいね!!

落合陽一 物化するいのちの森 - 計算機と自然 - 醍醐寺Exhibition

夕日に舞う電子蝶、そして、カラスが夕闇を告げる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする