マイナンバーカード、22年度末までに、ほぼ全員が所有することになるらしいけど・・・

4月20日まで先行販売価格1980円!
こんな時代だからこその店舗のWebマーケティング教材!
人と接するのが難しい今だからこそ、店舗は、Webを活用しましょう。

これまでの常識ではないニューノーマルだからこそのオンライン集客!
>>4/20までなので、今すぐここをクリックして、購入<<

何かと反対しているマイナンバーカードなんですけど、反対してられない状態になりつつあります。

マイナンバーに関しては、さまざまな事務手続きを簡素化、自動化するために必要だとは思っています。

厄介なのは、「マイナンバーカード」。

ここで、整理しておきたいのですが、「マイナンバー」と「マイナンバーカード」は違います。


「マイナンバー」
全国民に自動的に国が割り当てている番号。いわば、国が割り当てた背番号なので、拒否しようがない。

「マイナンバーカード」
マイナンバーを記載したICチップの入ったカード。顔写真なども入っているので、身分証明として利用できる。
このカードを作るかどうかは、本人次第。


さて、私が、ずっと気になっているのは、「マイナンバーカード」を、任意にしているところ。

作るか、作らないかは、本人次第ってことは、作らなくても、問題ないってことですよね?

なのに、マイナポイントだとか、10万円の給付金とかでマイナンバーカードがあれば、早く受け取れるとか(実際は、決して早くなかったみたいですが ^^;)政府は言ってます。

必須ではないのに、1人でも多くに持たせようとしてるところが、あまりにも、変な感じがします。

以前、住民基本台帳による住基ネットのICカードがありました。

こちらも、自治体が、任意で使うか、使わないかを選択できるようになっていたのですが、その自治体に属する住民には選択権はありません。

私も引っ越す度に、住基ネットのカードを返却・新規発行をしていました。

住基ネットができた頃には、


「この住基ネットを使えば、コンビニでも住民票が発行できるようになります!」


とか言ってましたよねw

これじゃ、マイナンバーカードと同じやん!w

そもそも、毎月、住民票が必要になるなんて、日本中に何人いるのでしょうか?

ぜんぜん、メリットが説明されてません。


その辺をデジタル庁ができるってことで、健康保険やら、免許証やら、各種国家資格なども一緒にしようとしています。

そのうち、クレジットカードや銀行のキャッシュカードまで一緒にしそうな勢いです。

そうなれば、マイナンバーカードさえ持っていれば、旅行に行けるし、旅先でレンタカーも借りて運転できるし、旅館の支払いもマイナンバーカードでOK。

帰りは、新幹線に乗るにも、改札でマイナンバーカードでタッチすれば、通れるから、切符とかわざわざ券売機で買う必要もない。

スマホにマイナンバーカードの認証機能を搭載する計画もあるので、マイナンバーカードは家に置いておいて、スマホで全てが完結するようになるかもしれません。

めちゃくちゃ便利!!!


って、ちょっと待ってください。


もし、旅先でマイナンバーカードを落としてしまったら・・・
もし、ICカードのトラブルで読めなくなってしまったら・・・

すべてが1枚になっているから、他のカードなど持ってないから支払いはできません。

免許証も一緒になってるから、車も運転できなくなりますし、新幹線の切符も変えません。


それよりも何よりも、再発行手続きはどのように行うのでしょうか??

私が、とっても気になっている点は、紛失したり、盗難にあったりした場合の再発行手続きです。


平井デジタル改革相は、マイナンバーカードの説明動画で、こう言っています。

『対面でもオンラインでも
 大人でも子供でも
 マイナンバーカードは、
 最高位の身分証明書(本人確認書類)
 であるということです。』

この動画の中で、24時間365日問い合わせできるフリーダイヤルの番号を用意しているとのことです。

んじゃ、安心?


「もしもし、マイナンバーカードを無くしちゃったんです!」

「では、本人確認のため、氏名、電話番号、住所、
 そして、12桁のマイナンバーを教えてください」

「いや、だから、そのマイナンバーカードを
 無くしたんだって!」

「マイナンバーカードに記載されていた
 12桁の番号です。覚えておられませんか?」


みたいなことが起きるかも?(笑)

だって、最高位の身分証明なのですから、
その持ち主だって確認するのは、そう簡単ではありません!

このフリーダイヤルでは、マイナンバーカードを一時停止できます。

ただ、氏名、電話番号、住所、生年月日でマイナンバーカードを無効にできるなら、成りすましができてしまいます。

この一時停止を解除するには、役所に行って、マイナンバーカードを提示して解除してもらう必要があります。


一時停止解除の手続きに必要なもの

個人番号カード一時停止解除届(窓口でお渡ししています。)
発見したマイナンバーカード
本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
https://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/web/procedure/datails/post_53.html


なんか不思議ですよねw

マイナンバーカードを提示するのに、さらに、運転免許やパスポートなどの本人確認書類が必要ってw

ようは、偽のマイナンバーカードにすり替えられてないかを確認するってことなのでしょう。


でも、マイナンバーカードを一時停止してることに気が付けばいいけど、何か手続きするまでは、気が付かないですよね。

これが、結構、厄介かも。

確定申告とか、病院で保険証の代わりにマイナンバーカードを提示したとき、あるいは、引っ越ししたときに、停止してるのが分かるでしょう。


それと、紛失した場合の再発行は、かなりややこしい手順を踏みます。

警察に遺失届を提出し、その受理番号と一緒に、役所で再発行手続きを行います。

マイナンバーカードが再発行されれば、安心・・・


ただ、ここで、マイナンバーは、変更されていません。

同じ番号のままです。

いわば、クレジットカードを紛失して、再発行するのに同じ番号のままになるってことですね。

確かに、ICチップは使えなくなっていますが、身分証明として使うことはできます。

写真の部分を貼り換えて、誰かがあなたに成りすまして、身分証明として使う・・・。

まあ、そういうことも起こり得るということですねw


対策としては、ICカードリーダーを日本全国いたるところに設定して、どこでも使えるようにすること。

見せるだけの身分証明ではなく、ICカードリーダーに入れて認証するって方法です。

だからこそ、免許証やら健康保険証やら組み合わせて、どこでもICチップを読めるようにしようとしています。


ICカードリーダーがどこまで広がるのか?

それによって、マイナンバーカードが、本当に便利なものになっていくのか、それとも、住基ネットカードのように、使われないまま消えていくのか決まるように思います。

あ、個人的には、デジタル化されて、便利になり、透明化(これが重要!国会議員や政党の資金繰り、税金の使われ方なども、透明化しないとね!)することで、誰もが納得し、関心を持ち、参加する社会になることって、大事じゃないかって思います。

プライバシーとデータの透明化ってのは、両輪なので、これをセットで考えていかないといけない。

これについては、また、別の機会に。

4月20日まで先行販売価格1980円!
こんな時代だからこその店舗のWebマーケティング教材
人と接するのが難しい今だからこそ、Webを活用しましょう。思ってもいない方法があるのですよ。これまでの常識ではないニューノーマルだからこそのオンライン集客をこの教材で学びましょう!
>>4/20までなので、今すぐここをクリックして、購入<<

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする