パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~ 第3話の考察 死人が蘇るたんぱく質の話

3刷り!絶賛発売中!
だれにでもわかるNFTの解説書 ライブ・パブリッシング刊

NFTって何?という説明から、今後広がるメタバースとNFTの関係まで、あらゆる話を網羅!
初心者の方にも理解しやすいように、専門用語を極力使わず解説しました。
未だ、アマゾンでは在庫切れに。ご迷惑をおかけしていますm(__)m 楽天Booksや大型書店さんでは、手に入りやすいようです!

メディア出演や講演依頼は、こちらからお問い合わせください。

日テレ系ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」の3回目の考察です。 

本当なら、放送後、すぐに記事アップする予定だったのですが、出張が入ってできてませんでした。

なので、すぐ、この後に4回目もアップするので、頑張るぞー!(って、何を頑張ってるんだかw)

あ、ネタバレぎみの内容なので要注意w。

最先端の技術っぽい話が出てくるので、テクノヲタとしては考察しておかないと気が済まないので、今回も書いてみます。

(天才科学者最上有紀子を演じる岸井ゆきのちゃんのファンだということは、ナイショですw)

さて、今回3回目のテーマは、死人が蘇るというたんぱく質の話。

防腐処理前のご遺体を常温管理するって・・・

ドラマの中では、お騒がせユーチューバーが遺体安置質に不法侵入するシーンがあります。

でも、ご遺体はステンレスのストレッチャーに載せられているだけで、冷却もされていないようです。

室温も常温のようで、さらに、その後の責任者の話では、防腐処理もしてないとのこと。

え?? それじゃ、腐ってしまう・・・・(^^;

ええ、これは、生物が生命活動を停止した瞬間から腐敗って始まります。

言い方が、アレですが食肉加工って素早く行わないと腐敗が進んでいって、食べられなくなります。

人間の死体も死亡確認されたら、そこから腐敗もスタートしているのです。

特に食べ物は、そもそも消化しているので内部にいる細菌(悪い物だけでなく必要な細菌も沢山いる!)が発酵をすすめるので、ガスも溜まっていきます。

もちろん、皮膚表面からは、どんどん水分が蒸発していって表面は乾燥していきます。

なので・・・・

遺体が生き返った(生命活動が再開した)としても、肉体が正常に機能するかどうかは、かなり怪しい・・・・・。

まずは、ここが気になりましたね。

話は変わりますが、SF映画などで、液体の中で「人造人間」とかを培養するのは乾燥を防ぐ意味でも重要なんですよw
(とはいえ、まあ、子宮の中の羊水をイメージしているのでしょうけどねw)

とまあ、ここが気になったのですよ・・・

マニアックですけど(^^;

再生を促進するたんぱく質 LDL3

ドラマの中で、ゆきのちゃん演じる最上教授が話をするシロイヌナズナの酵素LDL3ですが、これ、実際に発見されたもの。

https://www.editage.jp/insights/scientists-crack-the-code-to-regenerate-plant-tissues

植物の強力な再生能力の秘密を解明 ―「備えあれば憂いなし」、受傷の前に再生準備を整える新しいメカニズムを発見―

シロイヌナズナは全部で26,000個の遺伝子を持ちますが、そのうち再生に必要な約3,000個が、LDL3のはたらきにより、ONになる直前での状態で待機していました。遺伝子を待機状態にさせ、将来の再生に備えるLDL3の酵素活性が、植物の強力な再生能力の秘密だったのです。再生の刺激が来たときには、待機状態の遺伝子群が一気にONになり、ごく短時間で再生を果たすことができます。

そして、これを研究していて、誤ってフラスコを割ってしまって、遺体にこのたんぱく質(酵素)が降りかかって、遺体が生き返った(あ、ネタバレw)。

監視カメラ映像で、枯れていた花瓶の花が蘇っていることから、このたんぱく質が原因だとつかみます。

んー・・・

まあ、ドラマの中でも、『再生の刺激』が何か分からないけれど、偶然条件が整って、遺体も蘇ったということになってた(あ、また、ネタバレ ^^;)。

でも、これ、先に書いたように、ご遺体が常温で放置されて腐敗は進んでいるし、表面は乾いている状態で、はたして『タンパク質』がどうやって作用するのかなぁ??と思ってしまいます。

それよりも、不法侵入して撮影してたお騒がせユーチューバー2人の方が、たんぱく質を吸い込んでおかしくなってしまう可能性が高い。

例えば、強烈に再生するから、細胞分裂が暴走して、あっちこっちがガンが進行し、いきなりステージ4とかで重症患者になるとかの方が、リアリティあるような・・・w

死んだ人間は呼吸してないので、内部の水分が残っている場所に到達しないし、そもそも、血流もリンパ液も動かないとなると全身にタンパク質が回らない。

遺体の表面は乾いているのでタンパク質が付着しても、作用するかなぁ・・・・

換気扇の工事で研究室のドラフトチャンバーの吸気が別のところへ流れるって・・・

あかんやろ!!w

いや、三角フラスコを誤って倒して割ってしまったときに、慌ててドラフトチャンバーのスイッチを入れて、喚起を行うシーンがあります。

で、この時に、換気扇を工事してたことから、本来、屋外に流れていく空気が遺体安置質に逆流したという説明(あー、またもやネタバレw)。

いあいあ、この換気扇工事業者は、素人かよ!

生物系の研究所で換気扇は、命に係わります。

それを、工事で換気がうまくいかないって、素人か!w

最低でも、『換気扇工事中は実験禁止』ぐらいするでしょうねぇ・・・

あ、私は、大学で化学やってたので、ドラフトとか使ってましたよ。

倒してからドラフトのスイッチ入れてたけど、最初から換気しながらやらないと、吸い込むってば!wwww

ま、ドラマ的には、慌ててスイッチを入れるというようにしないと伝わらないかなwww

いろいろ楽しませてくれる『パンドラの果実』。

決して、岸井ゆきのちゃんがカワイイからみてるだけではないぞ!w