YouTubeでビジネスの決定版!「海外ユーチューバーのYouTube集客術」

       

2014/12/19 六時五分:中国製スマホ、盗聴機器になっていた!だからスマホは危ないんだよ・・・

六時五分ITニュースいやはや、怖いというか、やっぱりというか・・・・。

中国のスマホメーカーCoolpadの製品に、バックドアがしかけられていることが分かりました。

このスマホ、発売当初から、トラブルが多いとか、知らないアプリがインストールされるといった苦情が多かったそうです。

そこで、セキュリティ会社が調べたところ、バックドアが仕掛けられていて、その『裏口』を使って、勝手にアプリをインストールしたり、ユーザ情報を吸い上げたりすることができるようになっていました。

「やっぱ、中国だよな・・・・」

って、非難するのは簡単ですが、これ、別に中国だからとは言えないかも・・・。

そもそも、このCoolpadって会社は、世界でも6位、中国国内では3位の大手です。そんな企業が、これほどの危険性を冒すのはなぜでしょうか?

そもそもバックドアは、今回セキュリティ会社が調べたように、調べればおかしな通信をしているというのは、分かってしまいます。

そんな簡単に分かるようなことをやってしまうのはなぜなのか? そこに注目すべきです。

いうまでもなく、スマホは、個人に密着していて、頭脳の一部であり、身体の一部と言っても過言ではない状態です。

電話番号や住所、スケジュールを記憶してくれて、位置情報を割り出し、運動量を計測し、食べたものを記録してダイエットにも役立つ・・・。

暇つぶしの相手をしてくれれば、緊急の連絡にも使うことができ、カメラやビデオ、ライトにもなります。

だからこそ、このスマホを悪用すれば、『盗聴器』を配っているようなもの。いや、盗聴されることをお金を出して、買ってくれるのです(笑)。

そこで集められたデータは、あなた個人の情報が重要というよりも、多くの個人情報を集めることで、何十倍、何百倍もの価値を持ちます。

そこで見えてくる人間関係を作り上げると、政府の要人につながるには、どの人を経由すればいいのかとか、同じ店を利用しているのは誰がいるのか、その店に勤務している人はどこに住んでいるのか・・・・。

これらをコンピュータでファイリングしていくと、とんでもない相関図が出来上がります。

悪用するというよりも、単純にビジネスに追いうようすれば、こんな情報って、大手企業はのどから手がでるほど欲しい情報です。

どんな人が何に関心を持っていて、誰のいうことなら信頼するのか、誰に情報を発信してもらえば影響力が大きいのかなど、分かるので、広告宣伝なんていう無駄なコストをかけることもありません。

だからこそ、こういうデータを収集してマーケティングに活用することを考えれば、やってしまうのかも・・・。

さらに言えば、社会の安全などを考えても、危険な思想、怪しい行動をしている人を見つけ出すというのにも役立つと考えられます。

そうなると、一企業でなく、国が動く可能性もありますよね。

また、アンドロイドを提供しているのは、Googleですが、このアンドロイドのOSは、自由にカスタマイズできるようになっているので、メーカーによって入っているものが違うと考えた方がいいでしょう。

パソコンのWindowsの場合は、マイクロソフトが管理していて、勝手にメーカーがカスタマイズはできません。だからこそ、マイクロソフトが責任を負うので、そう簡単にバックドアとか作りにくい(発覚した時のダメージが大きい)と考えられます。

しかし、アンドロイドは、各メーカーが勝手にカスタマイズできるので、Googleは、それに対しては責任を持ちません。

そして、私が危惧しているのが、スマホの場合には、セキュリティソフトが十分に効果を発揮できないということです。

まず、パソコンの場合は、アプリケーションが動作するのには、一般的にはユーザ権限で動作しています。ウィルス対策ソフトは、管理者権限で動作するようになっていて、不正なアプリを止めたり、削除することができます。

これは、工場の警備員は、一般社員よりも権限があるので、一般社員が入れない場所にも入ることができ、必要があれば、鍵を使って閉まっている部屋に入って見回ることもできます。だからこそ、隠れている不審者を捕まえることができます。

しかし、スマホの場合は、ウィルス対策ソフトも、一般権限で動作していて、通常のアプリと同じ権限になります。

先の警備員の例でいえば、一般社員と同じ場所しか出入りすることができず、不審者が部屋に鍵をかけて隠れていても、部屋の鍵を持っていないので発見することはできません。下手をすると、不審者が立ち入り禁止区域に逃げ込んだのを見ても、追いかけることができないのです。

これでは、十分に機能するとは言えないですよね。

あ、だからといって、ウィルス対策ソフトが無意味だとは言っていません。

だって、「絶対に開けられないドアなんてないんだから、うちの玄関はいつも開けっ放しです」なんてことはないでしょ?(笑)


今日のニュースネタ
中国企業のAndroidスマホにバックドア、セキュリティ企業が発見


            
            YouTubeでビジネスの決定版!「海外ユーチューバーのYouTube集客術」
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/12/18 六時五分:スマホの影響で50代が雑誌・新聞を読まなくなってきた!?

六時五分ITニュースジャストシステムの調査結果が、意外なことに・・・。

スマホの普及が、他のメディア(テレビ、新聞、雑誌など)に、どのように影響したかという調査ですが、それぞれの接し方が減っているのは予測できます。

ただ、ちょっと意外だったのが、50代の雑誌・新聞離れが始まっていること。

・雑誌を見る時間が、すごく減った、あきらかに減った、少し減ったと答えた人は、40.8%。そのうち、50代は48.7%

・同じく新聞については、32.6%で、そのうち50代は39.3%

これを見ると、今までは、新聞や雑誌を買っていたのが、スマホが手元にあるのでそこで、新聞や雑誌のサイトを見るようになっているのでしょう。

もう少し、細かく考えると、新聞や雑誌をコンビニや駅の売店で買っていたのが、スマホの料金支払いに消えているのかもしれません。

このように見ていると、ビジネスで広告を出す場合には、どのようにメディアへの接し方が変化しているのか、また、デジタル化によって、何を見ているのかを、お客さんの動向をしっかり見極めることがポイントです。

それをやっていかないと、まったく、興味のないお客さんに向けて情報発信していることになるかも・・・


今日のニュースネタ
スマホは我々からどのような時間を奪ったのか――ジャストシステムが調査


            
            YouTubeでビジネスの決定版!「海外ユーチューバーのYouTube集客術」
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/12/17 六時五分:Googleがhttpを『安全でない』と表示するように提案

六時五分ITニュース
Googleが、ホームページ運営に大きな影響を与える提案をしています。

これまで、ホームページは、http(エッチ・ティー・ティー・ピー)とhttps(エッチ・ティー・ティー・ピー・エス)という2通りのアクセスがありました。

httpは、通常のアクセスで、httpsは、暗号化された安全なアクセスになります。

よく銀行などのサイトでは、URLの横に鍵のマークが出てくるのが、httpsになっています。

Googleは、今までは、httpsを『安全なサイト』として表示していたのですが、これを、なくして、httpを『安全でないサイト』として表示しようと提案しています。

というのも、httpは、暗号化されていないので、途中のデータをコピーされれば、誰でも内容を見ることができます。実際、その手のツールは昔からあり、ネットのトラブルの原因を突き止めるために使われていました。なので、違法でもなんでもなく、簡単に手に入ります。

また、アメリカ政府による盗聴問題などもあり、通常のhttpがいかに危険なのかを訴えています。

以前にも、Googleはhttpsを信頼できるサイトとしての判断材料にするということも発表しています。


こういうことがあると、ホームページ制作会社などが、

「これからはhttpsにしないとダメですよ!」
「Googleの検索で上位にくるためにhttpsが必要です」
「httpsにしないと、だんだん先細りですよ!」

といった営業をしかけてくるでしょう。

確かに一理ありますが、どこもかしこも対応する必要があるかどうかは、ちょっと待った方がいいかも。

httpsにするには、SSL証明書が必要になるのですが、毎年、利用料を支払う必要があるので、数千円から数万円と差も大きく、この辺も何がいいのか悩むところ。Googleなどが、無料で使えるものを準備する動きもあり、慌てることはないと思います。

ただ、オンラインショップや会員制のサイトを運営しているのであれば、httpsにするのは必要でしょう。

単に会社案内や、商品説明をしているだけなら、だれか他の人に見られても何も問題はありませんが、お問い合わせフォームや、資料請求ホーム、メルマガの申込みフォームでしょう。

この部分は、これから要注意です。ある日、入力フォームをhttpにしていたら、『安全ではありません』って表示されるかもしれないですからね。

そこだけをSSLにするには、Googleの無料で使えるサービスを利用することをお勧めします。


これだけはやておきましょう。

(あ、もし、設定してほしいってことがあれば、ご相談にのりますよ。ここから

今日のニュースネタ


            
            YouTubeでビジネスの決定版!「海外ユーチューバーのYouTube集客術」
このエントリーをはてなブックマークに追加


search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< December 2014 >>

ブログを書いている人

はじめましてのご挨拶

お問い合わせは、お気軽に ⇒ 24時間受付中!ここをクリック

電子書籍、発売中!
ビットコインについて、文系の人でも分かるように解説しました。
『お金』や電子マネー、ポイントと何が違うのかといったことも丁寧に説明しています。




『ビットコイン解説本2<投資編>』読者特典はこちら!

京都のど田舎で、半農半ITしてるフリーランスのITコンサルタント。
時々、東京や大阪の大都会にもいきます(笑)。
プロフィールはこちら

質問は、随時こちらのフォームで受け付けています。御遠慮なく御相談ください。24時間、土日も祝日も受付中!

  週刊ITトレンドX
Podcastで毎週水曜日に配信中!
公式Facebookページでは、質問も受け付けています!⇒ここ


Twitter
twitterツイッター


Facebook
足立明穂(フィード購読できます)

Ustreamで、毎朝六時五分から5分だけ配信中!!
ここをクリック!

ウィルス対策はやっておきましょう

ウィルス対策をしておかないと被害者ではなく加害者にされることに!
でも、軽いウィルス対策ソフトでないと、パソコンが重たくて・・・。そこで、これ
無料体験版はこちらから
無料体験版はこちらから

 

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2014/9/11 六時五分:iPhone6を発売も中国勢にはいずれ負ける?
    足立明穂
  • 2014/9/11 六時五分:iPhone6を発売も中国勢にはいずれ負ける?
    ぬふふ
  • 2014/9/1 六時五分:旅行予約サービスの利用調査で分かったレスポンシブデザインがダメな場合
    ぬふふ
  • 2014/8/9 六時五分:GoogleがHTTPSを重視。SSL証明の変な営業が激増する予感
    足立明穂
  • 2014/8/9 六時五分:GoogleがHTTPSを重視。SSL証明の変な営業が激増する予感
    ぬふふ
  • なか卵やロッテリアの割引ができるmobionの携帯サイトには注意しましょう!
    zz
  • 学生論文チェックの『コピペルナー』はアホ教授量産器か?
    通りすがり
  • 2014/7/7 六時五分:LINEのなりすまし被害、なくなりそうもない・・・・
    足立明穂
  • 学生論文チェックの『コピペルナー』はアホ教授量産器か?
    ishimaki
  • 2014/7/7 六時五分:LINEのなりすまし被害、なくなりそうもない・・・・
    ぬふふ

recent trackback

recommend

ビットコイン解説本2 <投資編>
ビットコイン解説本2 <投資編> (JUGEMレビュー »)
足立 明穂
ビットコイン解説本の第二弾。今回は、興味はあるけど、実際はどういうことなの?って質問が多かった<投資編>!
ビットコインの投資って、どんなメリット・デメリットがあるのか、何が起きているのかを知りたいあなたに!

recommend

ビットコイン解説本
ビットコイン解説本 (JUGEMレビュー »)
足立 明穂
amazon「投資・金融・会社経営」部門で書籍や雑誌も抑え、1位になりました。ありがとうございます。
6/23の1日セールでは、有料Kindle本の中で1位になりました。感謝!
ビットコインって何かを知りたい人は、必読!分かりやすく解説しています。

recommend

記憶に残る自己紹介とは? (ADVENTURE BOOKS)
記憶に残る自己紹介とは? (ADVENTURE BOOKS) (JUGEMレビュー »)
足立明穂
社会人の自己紹介なんて、学んだことないですよね? だから、教えましょう!

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM