「コピーライティングで人生は変わります。実際、私は10年で50億円以上売上げました。」
本気の人だけ見て下さい。
詳しくはここをクリック!

       

シェアしていただけると嬉しいです!→
このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜライティングテクニックだけでは、うまくいかないのか… その秘密、知りたくないですか?

書店に行けば、『売れる文章の書き方』とか、『稼ぐコピーライティング』なんて本がたくさん売られています。

で、私も、もともと文章を書くこと自体は嫌いじゃない、いや、好きなのでライティングの本は何十冊と読んできました。


『思わず読みたくなるキャッチコピーの型』
『タイトルには数字を入れて信頼性を出す』
『最後の一押し、クロージングを忘れるな!』


みたいなテクニックは、数えきれないほど(?)学んできています。

ちなみに、このブログでも、そういう話を書いていた時期もありました。
ここをクリック

 

今、気が付いたけど、そんなことを書いて10年過ぎてるんですね!!(@@;

10年過ぎたのに、『売れる文章』が書けなかったなんて!!


でも、大丈夫!(某CMの吉高風に)


ライティングテクニックを支える、もっと大事なスキルを身に付けたのですからね!!


>>「早く知りたいぞ!」って人は、その秘密をここをクリック<<


よーやく分かったのは、ライティングテクニックは、氷山の一角で海面から出ている部分だってこと。

その海面の下に、そのライティングテクニックを支える大事な、大きな部分があることを知ったのです!

 

ライティングテクニックより重要なこと

 

ここが分からなかったために、海面から見えているテクニックばかりを身に付けようとしていました。

 

逆に、そこしか見ていないから、テクニックなんて全く使っていない文章(しょぼい文章? ^^;)で売れている理由が、まったく理解できていなかったのです。

 

だから、テクニックを駆使して、ものすごく気合を入れて書いても、ぜんぜん売れない文章になってしまっていたのです。


先のサッカー少年の例ではないですが、本質というか基本になること、『売れる文章』であるなら、ビジネスとして意識した文章の基本がわかっていないと、間違ってしまうのですよね。


だからこそ、私のような間違いをしないためにも、ライティングスキルの本質を身に付けてほしいと思っています。

ただ儲かればいいとか、売り込むなんてことをするのではなく、お客さんに感謝されて喜んでお金を払ってもらうコピーライティングを身に付けたいですよね。


>>お客さんに感謝されて買ってもらえるライティングを身に付けるなら、ここをクリック<<


私の学んだ動画セミナーでは、10年間で50億円を売り上げたCatch The Webの創業者である横山さんが講師をしています。

実際にインターネットでビジネスをして販売をして、お面白いものでは『犬のしつけDVD』をネット販売だけで3億売り上げています。

 

だからこそ、実践に基づいたライティングスキルなので、まさに、これからの時代には必須の内容です。

この動画セミナーで、コピーライティングの本質を身に付ければ、こんなことが理解できるようになります。


最小の労力で最大の効果を得る2:8の法則の活用方法
ビジネスモデル、マーケティングだけでは成功できない理由
コピーライティング成功の3つの鍵
高く売れば売るほど感謝され、優良顧客が増える秘密
特徴を一瞬でベネフィットに変換する方法
煽れば煽るほど貧乏になる理由
ビジネスで長期的に成功する4つのマインドセット
コピーライティングにおいてリサーチがとても重要な理由
失敗しないコピーライティングの5段階チェック
見込客に刺さるコンセプトメイキングの3ヶ条
コピーを書く前に行うべき5つのリサーチ法
ビジネスで失敗しないための市場選びの3原則
コンセプトを強力にする3つの方法
長いセールスコピーでもしっかりと読んでもらえる方法
コピーライティングの際にオリジナリティを出してはいけない理由
コピーライティングのスキルを上達させる4ステップ
セールスレターの成否を決める魅力的なキャッチコピーの5原則
読者の心を射貫くブレットの書き方と効果的な活用法
着実に成約まで導くクロージングの5ステップ


私だけでなく、セミナーを受けた人からは、こんな声も上がっています。


「実際にすぐ取り組みたいことが何個もあって、
すごくワクワクしています。
 どんな変化が出るのか非常に楽しみです。」

 

「具体的なマインドセット、特に理念やビジョンなど、
テクニック以上に大切なことを学ぶことができました。
参加できて本当に良かったです。」

 

「盛りだくさんすぎて、ちょっと大変でした。
 でも、あとでゆっくり復習するとすごくためになると思いました。」

 

「書くこと全体における、
前提として大事な部分について濃い内容だったと思います。」

 

「コピーライティングに対する思考の整理ができ、自分が悩んだ時、
どこから考えればいいのか、とても参考になりました。」

 

「いい意味で予想していた内容と違っていました。」

 

「体系だってコピーライティングを学ぶことが初めてでしたので
最初がこのセミナーで幸せだったと思います。」

 

「コンセプトの部分をしっかりと構築したいと思いました。
ありがとうございました。」

 

「濃い内容と具体性で頭がすっきりしました。
制作中の自社商品、LPのライティングを早速見直します。」

 

「自分が今まで作ってきたサイトを具体的にどう変えられたらいいか、
セミナーを聞きながら修正箇所がたくさん思いつきました。
アウトプットが重要と言っていましたが早速セミナー内容を反映させたいと思います。」

 

「いい意味で期待を裏切られました。
コピーライティングだけではなく、セールス・ビジネスのキモの部分を再確認できました。
ありがとうございました。」

 

「ライティングにかかわらず、
ビジネス全般について大変勉強させていただきました。
すぐにアウトプットをしたいと思います。」

 

「濃い内容でお話ししていただき感謝いたします。
これからメルマガ、LP、SLと作っていく上で大変参考になりました。」

 

「ビジネス全般を見通せる内容で大変勉強になりました。
ひとつひとつアウトプットしていきたいと思います。」

 

「時代が変化しているので、コピーライティングやマーケティングも
時代の流れに合った形で変化させていかなくてはいけないと改めて実 感しました。」

 

 

>>いますぐ動画セミナーでライティングスキルを身に付けるなら、ここをクリック<<

 


ここまで読んでいただいたってことは、かなり、このライティングセミナーに興味があるってことですよね。

でも、気になるのは価格だと思います。

 

正直、この手のライティングセミナーって、10万〜30万ぐらいして、収録動画でも5万円〜10万円ってのは珍しくありません。

 

そりゃ、そうです。売上が伸びるのですから、投資額としてはおかしくないですよね。


でも、この動画は、講師の横山さんがインターネットがこれほど広まっているのに、しっかりとコピーライティングを理解している人が少なすぎると嘆いていて、一人でも多くコピーライティングを身に付けてほしいと驚くほど安く販売することになりました。

 

ここだけの話、横山さんから聞いたのは、このCatch The Writingを購入して学んだ人の中からライティングの仕事を一緒にしてくれる人を探すって言ってました(って、これ、書いて大丈夫なのかなぁ・・・ ^^;)。

 

そんな仕事もできるようになるって思ったら、めちゃくちゃ安い価格です!


14800円(税込)


でゲットできます!!


>>今すぐ、ここをクリック!!<<

 

 

それから!!!

 

最後になりましたが、このページを読んでいただいたあなたに、私からの特典を!

 

これも、せっかくのご縁です。

ともにライティングスキルを磨くためにも、よりセミナーの内容を理解できるための特典を差し上げています。

 

その1 セミナーの内容をマインドマップに落としこんだ図
 
Catch The Writingマインドマップ

Catch The Writingマインドマップ
(この図は一部です。実際は上下にもっと長くなってます)
 
マインドマップは、テキストやプレゼン資料と違って、1枚に全体を表現した図です。
 
この図を見た知り合いからは、
 
「これ、よく作ったねーーー!! これがあれば、いつでも全体が思い出せるよ!」
 
そう言ってくれました。
 
かなり大きな図になっていますが、長時間の動画セミナーを復習するには、一瞬で全体を見ることができるので、最適です。
 
もちろん、セミナー資料を見るのもいいのですが、それだと、ページをめくっていかないとすべてを見ることができません。
 
『セミナーで言ってた●●って、どんなことだっけ?』と調べるのに100ページ以上のプレゼン資料をめくっていくのと、マインドマップなら、一目で見つけることができます。
 
さらに、関連する内容も周辺に書いてあるので、どんな位置づけなのかも瞬時に思い出すことができます。
 
全体を1枚の画像にしたファイルと印刷するためにA4サイズに分割したPDFファイルをお渡ししますので、印刷してつなぎ合わせてみてください。
 
畳1枚分ぐらいになりますが(笑)、壁に貼っておくと、あなたのコピーライティングが格段にアップするはず!

 

Catch The Writingのマインドマップ 
Catch The Writingのマインドマップ 印刷したら、でかっ!!(笑)


 
それと・・・・
 
これは、言っていいのかどうか分からないですが、私は編集する前の休憩時間もひっくるめた収録動画を見て、作ったので、カットされた内容も記載されているかも・・・(笑)。
 
 
その2 動画セミナーの内容を1時間に圧縮したプレゼン資料と音声ファイルのミニ・セミナー
 
2時間半以上のセミナーは、本当に濃い内容なので、何度も見直してほしいのですが、なかなか時間が取れないこともあります。
 
そんなときのために、私なりに、ミニセミナーとしてまとめてみました。1時間版として圧縮したミニ・音声セミナー(1時間なので、ぜんぜんミニじゃないって話もありますが。笑)もお渡しします。
 
仕事仲間の前で、1時間版としてやったのですが、
 
「分かりやすい!」
「よくまとまってる!」
「動画セミナーの内容がよくわかるようになった!」
 
と言ってくれました。
 
とても動画セミナーには、足元にもおぼつかないですが、大事なポイントに絞り込んでまとめましたので、復習するにはいいかと思います。
 
音声ファイルになっているので、スマホなどに入れて、通勤時間に復習するなど、何度もなんども思い起こして、自分の中にライティングスキルを定着させることができると思います。
(今、編集してるので、しばらくお待ちを! 必ず、お届けしますので!!)
 
 
その3 動画セミナーの中で話されているマーケティング用語解説
 
先のミニ・セミナーをやったときに、知人から「マーケティング用語とか、よくわからないのがあるので、それを説明してほしい」と言われました。
 
動画セミナーの講師である横山さんは、勉強熱心な方なので、マーケティングやセールス、経営に関する本を読み、セミナーに参加してる人なので、ものすごくいろんなことを学んでおられます。
 
なので、横山さんの中では、当たり前すぎて簡単な説明だけしかしていない、あるいは、知っていて当然のように使われているマーケティング用語があります。
 
例えば、『マズローの5段階欲求』、『DRP(ダイレクト・レスポンス・マーケティング』、『ゴールデン・サークル』といった用語です。
 
なんとなく分かっていても、それとライティングとの関係付けて理解していないと、せっかくのライティング・スキルが半減してしまいます。
 
いわば、サッカーで、どんなにドリブルが上手くなっても、パスが出せなければ実力発揮できないようなものです。
 
あまりにも、もったいないことになるので、これらの用語について、解説しましたので、これもお渡しします。
 
インターネットで調べれば、分かることかもしれませんが、それとライティング・スキルとの関係まで開設したものはないと思うので、きっと役立つはず!
(今、がんばって作成中!!)
 
 
※特典はすべて、購入後にダウンロードでお渡しします。
 
>>ここだけの特典も手にれるなら、今すぐクリックして、購入<<
 

            
このエントリーをはてなブックマークに追加

=====
現代のニューロサイエンスは、
私たちの脳の内側を見つめ、心理学のブラックボックスを開けるのに
役立つツールをもたらした。
>>『脳科学マーケティング100の心理技術』は、ここをクリック<<





シェアしていただけると嬉しいです!→
このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに販売!生涯使えるライティングスキルのセミナー動画!

生涯使えるライティングスキルライティングのスキルが習得できれば、生涯食べるには困らなくなります。

 

「おいおい、そんな大げさな・・・」

 

ですよねぇw そう思うかもしれません。

 

 

ここで、ちょっと考えてみてください。

 

あなたの目の前にあるスマホやパソコン、買うときにどこから情報を得ました?

あるいは、お気に入りのジャケットや車、よくいくお店は、どこで知りました?

 

インターネットで調べた、テレビで見た、雑誌の広告、あるいは、知り合いから勧められたなど、さまざまなケースがあると思います。

 

そのどれをとっても、文字であり、文章であり、「言葉」で情報を得ているのです。

 

「そんなの、当たり前じゃない? そもそも、人間って言葉を使う動物なんだし!!」

 

ええ、その通りです。その通りだからこそ、言葉を扱うスキル、ライティングスキルが、とっても重要になるのです。

 

ただ、ここで注意しないといけないのは、ビジネスで考えた場合は、正しい日本語を使うとか、丁寧語・尊敬語・謙譲語を使い分けるとかではありません(そりゃ、できたほうがいいけど・・・w)。

 

ビジネスの場合は、商品やサービスのことを知ってもらって、購入してもらうことが目的です。

 

どんなに商品のことを詳しく書いていても、写真や図解をしてこれでもかというぐらい分かりやすく説明しても、

 

『ふーん・・・。でも、買わないな・・・』

 

では、意味がありません。


話はちょっとそれますが、これって、よく考えると、セール以外でも同じですよね。


友達と出かけたときにどうしても行きたいレストランがあって一緒に行ってほしい、
親は反対してるけど今の自分の仕事のことを理解してほしい、
子供にポケモンばかりしていないで勉強してほしい・・・・


自分の考えていることや、やりたいことを理解してほしいと思っても、相手が『ふーん。わかんないなぁ・・・』って顔をされてしまうと、困っちゃいますよね。


ビジネスのライティングも、いくら文章を書いても、最終的に相手が購入しなければ意味がありません。

 


>>ライティングの基本から身に着けるセミナー動画があるのですが・・・ ここをクリック<<

 

 

 

本で学べるライティング・テクニックでは売れない時代


さて、ここから始まる物語は、ある小さな中小企業の経営者が主人公です。

 

小さな印刷工場で、カレンダーや年賀状、暑中見舞いとかを印刷するのが仕事です。

 

そんな会社の経営者が、ホームページからの問い合わせが増えないかと思い悩んでいるところから始まります。

 

 

 

==========================

社長の息子さんが大学生のころに、「会社やってるんだからホームページぐらい持ってないと!」と言われ、そんなものかと思って作りました。

作ったといっても、社長にはそんなスキルはないですし、社員にもそこまでパソコンを使いこなせる人はいません。


言い出しっぺの大学生の息子も、「そんなの、作ってくれる会社は、いっぱいあるから、そこに頼めばいいんじゃないの?」という始末。


そこで、地元の商工会にホームページ制作会社を紹介してもらって、作りました。

最初は、物珍しさからか、ホームページ経由での問い合わせも毎月入ってきたのですが、何年もそのままにしてきたこともあって、今では、あまり状況はよくありません。


『やはり、文章をわかりやすくしないとダメなんだろうなぁ・・・』


なんて、思った社長は、書店のビジネス書のコーナーへ。

もちろん、セールス・ライティングの本を見るためです。


何冊か手に取り、なんとなく読みやすそうな本を2冊、購入します。

自分で読もうかとも思ったのですが、なかなか時間がないので、いつも挨拶状などを書いてもらっている文章の得意な社員に渡します。


「これ読んで、ホームページの文章を、見直してくれない? 今月いっぱいで頼むわ。」

 

 

そして、月末。文章を書きなおしたので、見てほしいといわれます。

以前のそっけないサービス説明と違って、文章量も増えているし、ところどころ太字にしたり、赤い文字で重要なキーワードを強調したりと、なかなかの出来栄えです。

社員の才能があるのか、それとも、買ってきた本がよかったのか、思った以上によくなっています。


「ここの空白のところって、少し広くなりすぎてないか?」

「でも、社長。ライティングの本には、こういうときは3行空けるように書かれてました。」

「そうなのか。だったら、その方がいいんだろうな・・・」

「それと、ここの文字の大きさは、・・・・」


あちこちを指さしながら、細かく説明を始めました。

ふと、その社員が手にしているライティングの本を見ると、たくさんの付箋紙が貼られていて、かなり読み込んだ後が見えます。

かなり本気で読みこんで頑張ったようです。


ライティングのテクニックのことはよくわかないので、そうなんだろうなぁと思いながら、何かしっくりこないものがありました。

しかし、以前とは比べ物にならない出来栄えなので、ホームページで公開しました。


そして、一か月、二か月が過ぎて、半年が過ぎます。

しかし、それほど問い合わせが増えてるとは思えません。


わずかには、増えたようですが、仕事につながる問い合わせよりも、人材派遣会社や転職斡旋業者からのメールが目立つようになってきました。


『なんだろう・・・ 何かが違う・・・』

 

(つづく・・・)

===============================


ライティング・テクニックの書籍は、書店にいけば何冊もあります。

 

そこに書かれたことを実践して、少しは改善される、あるいは、一時的にはよくなっても、すぐに落ちていくのが現状です。

なぜ、そんなことが起きるのでしょうか?

 

 

インターネットが普及して、従来の営業手法では通用しない


インターネットに限らず、世の中のあらゆる商売が大きく舵を切らなければならない状態になってきています。

 


なぜ、今までの営業手法では売れなくなってきてるのでしょうか?

 

大きく違っているのは、モノが余っている世の中になり、インターネットで調べれば情報もあふれている世の中です。

 

そんな世の中では、テレビやラジオ、新聞のような媒体に広告をだしても、それほど大きな効果が出てこなくなってきてます。

 

テレビがわかりやすいのですが、以前のように大手メーカーのCMは放送されていません。

 

自動車メーカーや家電メーカーが、1社のスポンサーで2時間とかの特番が放送されることは極端に少なくなっています。


これは、広く多くの人(何百万人、何千万人)に見てもらって、売り上げを伸ばすといったことができなくなっているのです。


屋外にある大きな看板も、どんどん空きが出てきています。銀座の一等地でも、白い看板になって、募集中と出てるような状態です。

 


それぐらい、今は、『大衆』に向けた広告が意味を持たないのです。

 

逆に言えば、それぞれの人が、自分の価値観でモノを買うようになりました。

 

以前のように流行っているからとか、みんなが持っているからという理由では買わなくなっています。自分にとって必要かどうかで判断するようになったのです。

 

言い換えれば、それだけ、自社の製品が誰にとって必要なのか、どんな価値を持っているのかを、しっかりと伝えないと買ってもらえない時代になっているのです。


>>時代が変化する中で、しっかりライティングを身に着けたいなら ここをクリック<<

 

 


10年で50億売り上げる企業のライティング・スキル


さて、ここで、先ほどの中小企業の話に戻りましょう。

せっかく、頑張って文章を見直したのに、それでも問い合わせが少ないというのは悲しいですからね。

 

 


=========================

社員が真剣にライティング・テクニックの本を読み、頑張って文章を書き換えたものの、一向に問い合わせは増えません。

『どうしたものか・・・』

と思いながらも、社長は、日々の業務に追われて、ついついホームページは後回しになっていました。


そんな時、文章を修正した社員が、


「社長、コピーライティングのセミナーがあるみたいなのですが、行ってもいいでしょうか?」


どうやら、修正した本人も、思うように結果が出ていないことを気にしてたようです。

そりゃ、そうです。社長の指示とはいえ、本を読みこんで本人としては、かなり気合を入れて文章を書き換えたつもりなのに、あまり反応が変わらないとなるとショックです。


「わかった。セミナーに行ってこい」


その社員がセミナーに参加してから半年が過ぎました。


「社長!すごいですよ! 今までより、申し込み、多くなりました!」


セミナーに参加して、文章を考えた社員は、満面の笑顔です。


「よくやったな。ありがとう。」


そう笑顔で言いながらも、社長は不思議でなりません。


『あのライティングのセミナーで、変わったんだな。

 しかし、単に文章の書き方が変わっただけじゃない。
仕事に対する姿勢とか、考え方が明らかに違う。

 質問も、鋭くなって、返答に窮するようなことを言うようになった。

 一体、セミナーでは、何を教わってきたんだろう・・・』


イキイキと仕事をしている社員を見ながら、セミナーの内容が気になるのでした。

============

 

 


この中小企業の物語はフィクションですが・・・・

 

10年で50億売り上げた企業のライティング・スキルが身につくセミナー動画があるのです。

 

そのライティングセミナー、私も受けたのですが、今までのライティングとは全く違うところから教えてくれます。

 

書店に売っているライティング・テクニックより、もっと大事なこと、売り上げを大きく左右することを教えてくれます。

 

 

 

 

10年で50億売り上げる会社って? しかもインターネットのマーケティング?

 

年で50億売り上げた企業は、インターネット・マーケティングの会社で、単にコンサルタントをやっているだけでなく、自らもいろいろな商品を販売しています。

 

企業名は Catch The Web(キャッチ・ザ・ウェブ)。

 

Catch The Web


どうです? なかなかユニークな会社ですよね。

 

インターネットのマーケティング会社なのに、『犬のしつけDVD』を制作・販売もしています(笑)。
でも、これだけで3億も売り上げ出してるそうですよ。


そんな会社のコピーライティングスキルを惜しみなく教えてくれるセミナーの収録動画が、販売されました。

 

 

Catch The Writhing

 


10年間のライティングのすべてが詰まったセミナー動画

 

Catch The Webは、ライティングで、つまりは、文章で50億の売り上げを出しています。

 

そこには、単にテクニックだけではない、マインドセット(考え方)、コンセプトについても教えています。

 


★マインドセット

 

マインドセットは、考え方のことです。

テクニックをいくら身に着けても、使い方を間違ってしまえば、効果は出ません。

強力なテクニックであれば、あるほど、使い方を間違えるととんでもないことになるのです。

いうなれば、よく切れる包丁って、扱い方を間違えると、手を切るなどのケガをしてしまいます。

それと同じで、マインドセット(考え方)がしっかりしていないと、テクニックを知ってしまったがゆえに、ビジネス全体がおかしなことになってしまうのです。

 

<<マインドセットで学べる内容の一部>>
●コピーライティングの成否を決める80%の要素とは?
●コピーライティングにおいてリサーチがとても重要な理由
●失敗しないコピーライティングの5段階チェック
●コピーライティングで絶対に任せてはいけない作業とは?
●見込客に刺さるコンセプトメイキングの3ヶ条
●コピーを書く前に行うべき5つのリサーチ法
●ポジショニングとブランディングの違いとその戦略
●無名でもブランディング出来る3ステップとは?
●ビジネスで失敗しないための市場選びの3原則
●ストレスフリーで理想的な人生を手に入れる方法
●「ターゲット」と「ペルソナ」の違いとその活用方法について
●魅力的なコンセプトを作成するための8つの質問
●コンセプトを強力にする3つの方法

 


★コンセプト

 

コンセプトって、よく使う言葉ですよね。

 

「商品コンセプトは・・・」
「前回との違いはコンセプトが・・・」
「だから、コンセプトがずれてるんだよ・・・」

 

でも、なんとなく分かっているようで、はっきりしません。


Catch The Writingでは、コンセプトを

 

『誰(ターゲット)を
どんな状態(悩み)から
どういう理想的な状態に出来るのか』

 

を考えることだとしています。

 

そして、理念、ミッション、ビジョンを決めることを求めます。

 

つまりは、その商品やサービスをなぜ作ったのか、
誰のために作ったのか、何を変えていこうとしているのかということです。


<<コンセプトで学べる内容の一部>>
●コピーライティングの成否を決める80%の要素とは?
●コピーライティングにおいてリサーチがとても重要な理由
●失敗しないコピーライティングの5段階チェック
●コピーライティングで絶対に任せてはいけない作業とは?
●見込客に刺さるコンセプトメイキングの3ヶ条
●コピーを書く前に行うべき5つのリサーチ法
●ポジショニングとブランディングの違いとその戦略
●無名でもブランディング出来る3ステップとは?
●ビジネスで失敗しないための市場選びの3原則
●ストレスフリーで理想的な人生を手に入れる方法
●「ターゲット」と「ペルソナ」の違いとその活用方法について
●魅力的なコンセプトを作成するための8つの質問
●コンセプトを強力にする3つの方法

 

 

 

★ライティングテクニック

 

ライティングテクニックは、説明するまでもありません。文章を書く上でのテクニックです。

先にも書きましたが、テクニックは、あくまでもテクニック。

これだけ身に着けても、うまくいきません。いや、大怪我をしてしまうこともあります。

だからこそ、マインド、コンセプトをしっかり習得してこそ、活用できるのです。

 

<<ライティングテクニックで学べる内容の一部>>

●初めてでも反応率が高い文章が書くスワイプファイルとは?
●長いセールスコピーでもしっかりと読んでもらえる方法
●コピーライティングの際にオリジナリティを出してはいけない理由
●コピーライティングのスキルを上達させる4ステップ
●コピーライティングのよくある2つの間違いとは?
●セールスレターの成否を決める魅力的なキャッチコピーの5原則
●高成約率のコピーライティング6つのポイントとは
●信頼をアップする11の要素とその使い方
●コピーライティングで越えなければならない3つの壁
●読者の心を射貫くブレットの書き方と効果的な活用法
●Catch the Webで活用しているQUESTフォーミュラ
●良いお客様の声と悪いお客様の声の違いと集め方について
●キャッチコピー3つの目的
●新PASONAの法則で進化したポイントとは?
●見込み客が読まずにいられなくなる4つのキャッチコピーテンプレート
●見込み客が行動せずにはいられなくなる2つの心理トリガーとは
●着実に成約まで導くクロージングの5ステップ
●コピーライティングチェックシート10

 

 

単なるライティングテクニックだけではなく、基礎となるマインド、商品を際立たせるコンセプトを学ぶことができます。

 

そうすれば、先の小さな印刷会社の社員のように、活き活きと働くことができるようになります。

 

ただ、文章力が高まるだけでなく、その文章を書くために、企業や商品のことが『腑に落ちる』ようになるからです。

 

そりゃ、そこまで商品のことを知り尽くせば、お客さんに対してどのように伝えればいいのか、難なく理解できます。

 

これが、Catch The Writingのすごいところなのです。

 

>>マインドセット、コンセプト、ライティングについて知りたいなら、ここをクリック<<

 

 


生涯使えるライティングスキルを身に着けるために支払う金額は・・・

 

そんなすごいセールスの文章が書けるようになるのに、いったい、いくら払えばいいのでしょうか?

 

ちょっと調べてもらえれば分かりますが、ライティング講座として10万円から30万円ぐらいが相場です。

 

学校で学ぶとなれば、もっとかかるでしょう。

 

そもそも売上が何十倍にもなるのですから、それだけの価値があるとも言えます。


しかし・・・

 

Catch The Writingの講師でもあり、会社の創業者でもある横山直宏氏は、もっと違う考え方をしています。

 

インターネットが広まって、今までのライティングテクニックでは通用しなくなったことは先にも書いた通りです。

 

しかし、ホームページは山のように増えています、増え続けています。

 

そう、本当に売れる文章を書けるコピーライターが不足しているのです。

 

 

だからこそ、


『たくさんの人に
「本当に良いモノを世の中に広める」
ことをやってもらいたい』


と、言っています。

 

 

だから・・・


14800円(税込み)


信じられない価格での販売になったのです。


私自身もそうですが、このCatch The Writingで、ライティングの何たるかを知って、衝撃を受けました。

 

今までのライティングが、いかに小手先のテクニックに走った気持ちのこもっていない文章を書いていたのかを思い知りました。

 

だから、同じような間違いをしてほしくないのです。

 

たった14,800円で、あなたの人生が大きく変わるかもしれません。

 

いや、そこまではいかなくても、売り上げは大きく変わるでしょう。

 


>>売上を増やすライティングを知りたいなら、ここをクリック<<

 

 


おススメの特典もついてきます

 

・インタネットで50億円を売った「結果が出るインターネット集客法」動画講座

・「ビジネスで成功して理想のライフスタイルを実現する方法」動画講座

・50億円を売り上げたメールライティング

・人間の本能を利用して心を動かすストーリーテリング4つの型

・相手が納得する問題解決の伝え方

・コピーライティングで使える心理学6つ

・Catch the Web Aaisaのコピーライティングの案件紹介


特にユニークなのは、最後のコピーライティングの案件紹介ですよね。

 

折角、コピーライティングを学んでも、使う場が自社のサイトだけではもったいない!

 

そこで、コピーライティングの仕事を紹介してくれるのです。

 

とすと、投資額を回収できてしまうわけです。

 

 

このページ経由で購入してくれたあなただけに私からの特典!

 

世の中に数えきれないほどあるページの中から、アクセスしてくれたのも何かの縁。

 

このページ経由で購入してくれたあなたには、私からの特典もお渡しします。

 

セミナー動画をより深く理解できる資料を2つ。

 

 

その1 セミナーの内容をマインドマップに落としこんだ図

 

Catch The Writingマインドマップ

(この図は一部です。実際は上下にもっと長くなってます)

 

マインドマップは、テキストやプレゼン資料と違って、1枚に全体を表現した図です。

 

この図を見た知り合いからは、

 

「これ、よく作ったねーーー!! これがあれば、いつでも全体が思い出せるよ!」

 

そう言ってくれました。

 

かなり大きな図になっていますが、長時間の動画セミナーを復習するには、一瞬で全体を見ることができるので、最適です。

 

もちろん、セミナー資料を見るのもいいのですが、それだと、ページをめくっていかないとすべてを見ることができません。

 

『セミナーで言ってた●●って、どんなことだっけ?』と調べるのに100ページ以上のプレゼン資料をめくっていくのと、マインドマップなら、一目で見つけることができます。

 

さらに、関連する内容も周辺に書いてあるので、どんな位置づけなのかも瞬時に思い出すことができます。

 

全体を1枚の画像にしたファイルと印刷するためにA4サイズに分割したPDFファイルをお渡ししますので、印刷してつなぎ合わせてみてください。

 

畳1枚分ぐらいになりますが(笑)、壁に貼っておくと、あなたのコピーライティングが格段にアップするはず!

 

Catch The Writingのマインドマップ 印刷したら、でかっ!!(笑)

 

それと・・・・

 

これは、言っていいのかどうか分からないですが、私は編集する前の休憩時間もひっくるめた収録動画を見て、作ったので、カットされた内容も記載されているかも・・・(笑)。

 

 

その2 動画セミナーの内容を1時間に圧縮したプレゼン資料と音声ファイルのミニ・セミナー

 

2時間半以上のセミナーは、本当に濃い内容なので、何度も見直してほしいのですが、なかなか時間が取れないこともあります。

 

そんなときのために、私なりに、ミニセミナーとしてまとめてみました。1時間版として圧縮したミニ・音声セミナー(1時間なので、ぜんぜんミニじゃないって話もありますが。笑)もお渡しします。

 

仕事仲間の前で、1時間版としてやったのですが、

 

「分かりやすい!」

「よくまとまってる!」

「動画セミナーの内容がよくわかるようになった!」

 

と言ってくれました。

 

とても動画セミナーには、足元にもおぼつかないですが、大事なポイントに絞り込んでまとめましたので、復習するにはいいかと思います。

 

音声ファイルになっているので、スマホなどに入れて、通勤時間に復習するなど、何度もなんども思い起こして、自分の中にライティングスキルを定着させることができると思います。

(今、編集してるので、しばらくお待ちを! 必ず、お届けしますので!!)

 

 

その3 動画セミナーの中で話されているマーケティング用語解説

 

先のミニ・セミナーをやったときに、知人から「マーケティング用語とか、よくわからないのがあるので、それを説明してほしい」と言われました。

 

動画セミナーの講師である横山さんは、勉強熱心な方なので、マーケティングやセールス、経営に関する本を読み、セミナーに参加してる人なので、ものすごくいろんなことを学んでおられます。

 

なので、横山さんの中では、当たり前すぎて簡単な説明だけしかしていない、あるいは、知っていて当然のように使われているマーケティング用語があります。

 

例えば、『マズローの5段階欲求』、『DRP(ダイレクト・レスポンス・マーケティング』、『ゴールデン・サークル』といった用語です。

 

なんとなく分かっていても、それとライティングとの関係付けて理解していないと、せっかくのライティング・スキルが半減してしまいます。

 

いわば、サッカーで、どんなにドリブルが上手くなっても、パスが出せなければ実力発揮できないようなものです。

 

あまりにも、もったいないことになるので、これらの用語について、解説しましたので、これもお渡しします。

 

インターネットで調べれば、分かることかもしれませんが、それとライティング・スキルとの関係まで開設したものはないと思うので、きっと役立つはず!

(今、がんばって作成中!!)

 

 

※特典はすべて、購入後にダウンロードでお渡しします。

 

>>ここだけの特典も手にれるなら、今すぐクリックして、購入<<

 

 


それでも不安なあなたに・・・

 

ここまで書いたなら、すぐにでも買いたくなるでしょうが、それでも不安になる人もいるのは事実です。

 

なので、なんと90日返金保証もしています。

 

Catch The Webグループって変な会社(?)で、絶対に商品に自信があるから、こんな返金保証をしています。


しかも、あれやこれやとか、条件を付けていません。

 

これなら、安心して購入できますよね。

 

ぜひ、一緒にライティングを学んでいきましょう!!

 


>>今すぐ、ここをクリックしてライティングを学ぶ<<

 

 

追伸:

今の世の中は、変化が激しくなってきています。

インターネットは便利なのですが、瞬時に海外の出来事であっても世界中に知れ渡ります。

商品の良し悪しもすぐに拡散していきます。

 

どうせだったら、良いウワサが広まってほしいですよね。

そのためにも、本物のライティングスキルを身に付けましょう。

 

マインドセット、コンセプト、ライティングテクニックという、ただテクニックだけでなく、心構えまでも学べるのは、Catch The Writingだからこそです。

 

特典もついて、あり得ない価格で手に入るのは今だけ。この機会を、しっかり活かすことは、大事なことです。

 

そして、正しいコピーライティングで、世の中に、いい商品が広まるように変えていきましょう!


>>正しいコピーライティングスキルを身に着けるなら、今すぐ、ここをクリック<<

            
このエントリーをはてなブックマークに追加

=====
現代のニューロサイエンスは、
私たちの脳の内側を見つめ、心理学のブラックボックスを開けるのに
役立つツールをもたらした。
>>『脳科学マーケティング100の心理技術』は、ここをクリック<<





シェアしていただけると嬉しいです!→
このエントリーをはてなブックマークに追加

ライティングって、これからさらに重要になるよね

文章が書けないインターネットでビジネスをするには、文章が書けないと・・・。

 

そんなことは、言われなくてもわかってる。でも、現実は、難しい。

 

そんなあなたに朗報です!! 今夜、すごいライティング教材が販売されます

 

っと、その前に、そもそも、ライティングのこと、知ってますか?

 

本当の意味でのセールスライティングです。

 

インターネットでは、まだまだ文字が優先される文化。あ、いや、それ以外の雑誌や新聞、チラシにFAXDMなど、文字なしで売ることなどできません。

 

例えば、あの有名なライザップですが、あれ、文字が書いてなくて、ナレーションもなければ、ダイエットのビフォー&アフターを表示してるだけですよね。

 

「そんなこと言っても、痩せられる人はそうかもしれないけど、私にはねぇ・・・・」

 

そう思われて終わり。

 

しかし、そこに強烈な一言が加わることで、他のダイエット商品を寄せ付けないものになります!!

 

 

結果にコミットする

 

強烈な一言ですよね。これこそ、言葉の力です。

 

この一言があるからこそ、「おっ!」って思うのですよね。

 

 

あなたが、新しいパソコンを買おうと思って、ネットで検索します。

 

「当社のパソコンは、従来より2倍の容量があります。」

「新型は、300グラムも軽くなりました!」

「なんと、プレインストールされてるソフトは26本!」

 

意味が分かりません(笑)。

 

でもね・・・

 

あなたの会社のホームページ、同じことをやっていませんか?

 

商品の写真や、商品説明ばかりを書いていて、最後に「お申し込みはこちら」

 

まるで、しつこい店員のようですw

 

別にパソコンでなくても、洋服でも、食品でも、あるいは、レストランのホームページでも同じ。

 

ついつい、「こんなにいいモノなんだから、買ってくれるだろう!」って思って、気合を入れて書いているのです。

 

しかし、それって、しつこい売り込みの営業マンなんですよね。

 

それじゃ、売れない。

 

「それって、ライティングのテクニックがあれば、書けるんでしょ? そんなスキルないし!」

 

でもって、ライティング・テクニックの教材を買って目を通し、ライティング・セミナーに行って、テクニックを身に着ける。

 

うーん・・・ それ、本当にライティングですかねぇ・・・

 

 

サッカーで、ものすごい上手いドリブルを身に着けたとします。

 

誰にもボールを取られないドリブル。最強です。

 

でも・・・

 

 

そもそも、あなたにボールが回ってこなければ、意味がありません。

 

敵のボールをカットすることができなければ、何もできないですし、カットしてもパスができなければ、ダメ。

 

さらに言えば、ドリブルでゴール前に行けたとしても、シュートのキックができなければ、キーパーに阻まれます。

 

そして、チーム・メートと心を一つにして、お互いにボールをやり取りできなければ、強いチームにはならないのです。

 

 

同じように、ライティングも、テクニックだけ身に着けても、必要なものを身に着けたのを100%とすると、ライティングテクニックは、たったの0.4%向上するだけなのです。

 

「んじゃ、残りの99.06%は、なんなんだよ!!」

 

気になりますよねw

 

売れる文章を書くには、ライティングテクニックだけでなく、あと2つ、重要なスキルが必要になります。

 

この2つの中でも、80%を占める強力なスキルは、単にライティングだけではなく、商品価値や会社の経営を左右するようなものでもあります。

 

まるで、海に浮かぶ氷山のようです。

 

水面から上に、ちょこっと見えているのは、「氷山の一角」であって、本当は水面下に巨大な姿か隠れています。

 

ライティングもテクニックは誰の目にもわかりやすいものなのですが、その下にある大きなスキルは、なかなか気が付きません。

 

 

って、ここで、私の話を書かせてください。

 

私も膨大な文章を書き続けてきて、思い悩んでいました。今、読んでいる このブログでも、2005年からスタートして、もう3700記事を超えるものになっています。

 

商用出版の執筆も経験していますし、電子書籍だって出しています。

 

あまり大きな声では言えませんが、ゴーストライターのような仕事もしていました(をい!w)。

 

FAX−DMも書いて送ったこともありますし、郵便でのDMも書いたこともあります(って、もうITコンサルタントじゃないよねw)

 

それ以外にも、あっちこっちに書き散らかしてきて、メルマガもいくどとなく発行してきました。

 

書店でライティングの本を見たら、買ってきて読み漁ったこともあります。

 

でも、なかなかライティングには、苦労していました。毎回、あっちこっちにぶつかりながらの思考錯誤でした。

 

が・・・・ 

 

「なるほど! ライティングのスキルって、そこがポイントなのね!!」

 

という、驚きのライティングスキルの教材に出会いました。

 

インターネットで10年で50億も売り上げた人の動画セミナーを見て、大きく考え方が変わりました。

 

これが理解できていないと、とんでもない勘違いをしたまま、目先のテクニックばかり追いかけて、結局、いつまでたっても、ダメなライティングしかできないのですよね。

 

 

そんな動画セミナーが、今夜、発売されます。こうご期待!w
 

            
このエントリーをはてなブックマークに追加

=====
現代のニューロサイエンスは、
私たちの脳の内側を見つめ、心理学のブラックボックスを開けるのに
役立つツールをもたらした。
>>『脳科学マーケティング100の心理技術』は、ここをクリック<<





search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

  

パソコンの画面や、スマホの画面が見えずらいのは、視力が弱っている証拠。
ますます、情報端末を使う時間が長くなっている今、早めにケアしておかないとね。

『なんか画面が見にくいなぁ・・・』って思ったら・・・





運営者:足立明穂

京都のど田舎で、半農半ITしてるフリーランスのITコンサルタント。
時々、東京や大阪の大都会にもいきます(笑)。
プロフィールはこちら

質問は、随時こちらのフォームで受け付けています。御遠慮なく御相談ください。24時間、土日も祝日も受付中!



新刊、出ました!


  ビットコインについて、文系の人でも分かるように解説しました。
『お金』や電子マネー、ポイントと何が違うのかといったことも丁寧に説明しています。




『ビットコイン解説本2<投資編>』読者特典はこちら!

週刊ITトレンドX
Podcastで毎週水曜日に配信中!
公式Facebookページでは、質問も受け付けています!⇒ここ


Twitter
twitterツイッター


Facebook
足立明穂(フィード購読できます)

PodCast番組『ITニュース六時五分』
毎朝ITニュースをピックアップして解説。
これで、あなたも知ったかぶりできる!w
ここをクリック!




ウィルス対策はやっておきましょう

ウィルス対策をしておかないと被害者ではなく加害者にされることに!
でも、軽いウィルス対策ソフトでないと、パソコンが重たくて・・・。そこで、これ
無料体験版はこちらから
無料体験版はこちらから

中古ドメインの威力って半端ないですよ

 



初心者が中古パソコンを買うならここですよね
ソフマップ・ドットコム

selected entries

categories

archives

recent comment

  • なぜライティングテクニックだけでは、うまくいかないのか… その秘密、知りたくないですか?
    足立 明穂
  • なぜライティングテクニックだけでは、うまくいかないのか… その秘密、知りたくないですか?
    ラウ
  • 所得200万で46万の健康保険料を支払わないといけない寝屋川市!
    らら
  • スーパー堤防は、スーパー無駄遣いか?
  • 2014/9/11 六時五分:iPhone6を発売も中国勢にはいずれ負ける?
    足立明穂
  • 2014/9/11 六時五分:iPhone6を発売も中国勢にはいずれ負ける?
    ぬふふ
  • 2014/9/1 六時五分:旅行予約サービスの利用調査で分かったレスポンシブデザインがダメな場合
    ぬふふ
  • 2014/8/9 六時五分:GoogleがHTTPSを重視。SSL証明の変な営業が激増する予感
    足立明穂
  • 2014/8/9 六時五分:GoogleがHTTPSを重視。SSL証明の変な営業が激増する予感
    ぬふふ
  • なか卵やロッテリアの割引ができるmobionの携帯サイトには注意しましょう!
    zz

recent trackback

recommend

ビットコイン解説本2 <投資編>
ビットコイン解説本2 <投資編> (JUGEMレビュー »)
足立 明穂
ビットコイン解説本の第二弾。今回は、興味はあるけど、実際はどういうことなの?って質問が多かった<投資編>!
ビットコインの投資って、どんなメリット・デメリットがあるのか、何が起きているのかを知りたいあなたに!

recommend

ビットコイン解説本
ビットコイン解説本 (JUGEMレビュー »)
足立 明穂
amazon「投資・金融・会社経営」部門で書籍や雑誌も抑え、1位になりました。ありがとうございます。
6/23の1日セールでは、有料Kindle本の中で1位になりました。感謝!
ビットコインって何かを知りたい人は、必読!分かりやすく解説しています。

recommend

記憶に残る自己紹介とは? (ADVENTURE BOOKS)
記憶に残る自己紹介とは? (ADVENTURE BOOKS) (JUGEMレビュー »)
足立明穂
社会人の自己紹介なんて、学んだことないですよね? だから、教えましょう!

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

神戸の浮気調査なら原一探偵 薄毛対策にはナノインパクトプラス