『学校でのスマホ禁止』が原則。でないと生徒が襲われるかも・・・

誰も言ってないけど、防犯面で考えれば、『学校でのスマホ禁止』が原則です!

 

「は? 何を言ってるんだ?

 そもそも、災害時には、スマホがあれば、

 家族ともすぐ連絡がつくし、安全じゃないか!」

 

とか言われそうですが、それは、年に1回あるかないかという、家族と連絡をとらなきゃいけないような災害時の話。

毎月とか起きないことにフォーカスしています。

 

「学校ではスマホを持ち込んでもいい」ってことになると、どうなるか?

おそらく、ほとんどの親が、当たり前のように子供たちにスマホを持たせます。

そして、小学生や中学生がスマホを持っているということを、世界に知らしめてしまいます。

 

分かりますよね? この危険な状態。

日本の小学生や中学生は、数万円の価値のあるスマホを持ち歩いているということになり、生徒を襲って、スマホを奪う連中が動き出します。

誘拐して、親に連絡するにも、スマホを持っているから、簡単です。

 

「スマホにGPSが付いているし、

 基地局との電波のやりとりから、どこにいるのかって

 すぐにわかるから、安心だろ!」

 

本当にそうでしょうか?

GPSが入っていて、追跡されるってことぐらい、誘拐犯も知っています。

襲ってスマホを取り上げ、電源オフにするか、すぐにアルミなどで電波を遮断する袋に入れてしまえば、追跡できません。

親に連絡するときだけ、取りだして掛ければいいだけ。

 

 

GPSが付いていることなんて、誰でも知ってるから、対策するのは当たり前です。

 

おっと、話は、そこではなくて、政府が、「学校でスマホ禁止ってのは、なしにしますよー」って公言することで、中高生がスマホを持ち歩いてるようになるんだ!って気が付く悪い連中が出てくるので、危ないのですわ。

こんなことは、そもそも国がどうこう言うもんだいではなく、学校でも考える必要がなく、個々の家庭の問題だと思うのですよね・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする