テレワークって、どないしたら、ええの? 前置き

テレワークを、やらなきゃ!!って思ったところで、なかなか重い腰が上がらない、どこから手をつけていいか分からない、そもそも、うちの会社でできるのか?とか疑問だらけになりますよね。

で、テレワークを考えるときに、大きく3つの立場と3つの視点で考えないといけないって思っています。

その3つとは、経営者、中間管理職、一般社員です。(細かく言えば、一般社員も、正社員と非正規社員ってのもありますけどね)

そして、3つの視点は、業務フローの見直し、環境の見直し、企業文化の見直しですね。

では、これらについて、概要を説明しておきますね。

3つの立場でのテレワークの違い

経営者と中間管理職と一般社員では、テレワークに対する感覚が全然ちがってきます。

 

経営者は、ともかく決断を迫られる!

経営者の立場からは、テレワークを始めようとすると、いろいろな決断を迫られます。

ネットワークやらパソコンやらどうするのか、情報セキュリティはどうするのか?

そもそも、家で仕事なんかできるのか? 反対する連中をどうやって説得するか?

お客さんとのやりとりは? 経理はどうする? 書類のハンコは?・・・・

 

もうキリがないですよねw

でも経営者が決断しない限り、テレワークなんてできません。

 

粘土層と呼ばれる中間管理職

上からは、やれ!って言われて、下からは、出来るわけないでしょ!と言われるw

ま、いろいろな板挟みになるので、ともかく、今までのやり方をあまり変えたくないのが、中間管理職。

これまでは、目の前で働く部下を見て、『おっ! あいつは、最近、やる気が出てきてるな!』とか、『うーん・・・。なんか行き詰ってるようだな。ちょっと手助けしてやるか・・・』など、管理してたはず。

テレワークでは、目の前にいない部下を、どうやって管理すればいいのか、さっぱり分からない。

さぼって、ダラダラとやってるやつがいるんじゃないか、逆に、仕事が終わらないって、夜遅くまでやってるんじゃないかなどなど、気なることばかり。

上からは、「ちゃんと、やってるか?」とか聞かれるしねw

日本テレワーク協会では、こういう中間管理職を『粘土層』と呼んでいて、ともかく、テレワーク導入で、なかなか動かない人たちだそうです(苦笑)。

まあ、気持ちは分からないでもないですけどね・・・

 

右も左も分からない一般社員

一般社員は、テレワークやるぞ!って言われたら、従ってやるしかない。選択肢などありません。

が、一方で、マニュアルがちゃんとしてるわけでもなく、トレーニングを受けるわけでもなく、『んじゃ、来週から、在宅ってことで。』とか言われるだけ。

そりゃ、もう、パニックですよね。

パソコンの操作だって、会社にいれば、隣の人とかに、こっそり教えてもらうことだってできます。

 

こういうそれぞれの立場で、何が課題なのか、どのように解決していくのかを考えていかないと、バタバタしちゃいますよーw

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする