人工知能って危険なの?

ホーキング博士やイーロン・マスクが、人工知能がけた違いに進化することに対して警告してるけど、どうなんですかねぇ??

進化のスピードというか、理解が追い付かない人類が、気が付くと、人工知能によって支配されてしまうとかなんとか・・・

私は、そんなこと、起きないともいますね。

起きないっていうのは、『支配されている』ってことが起きているなんて感じることすらないというここと。

動物園の動物のように、いつのまにか人工知能の管理下に置かれているけれど、人間生活としては、今よりもはるかに安泰な争いのない生活をしているでしょう。

動物園の動物が、『あー、あのサバンナの夕日が懐かしいなぁ』なんて、思わないでしょうね。だって、食事の心配もないし、敵に襲われることもない。

動物園って、アルマジロが仰向けになって、お腹を出して寝てるぐらいですから、人工知能に管理された世の中で生活する人間は、『なんか、最近は、生活のことで心配することなんて、なくなったなぁ・・・』って思っていますよw

『動物園の動物は、可愛そう・・・ 大自然の中で生活してる方が幸せでしょ?』っていうかもしれないけど、平均寿命を考えたら、動物園の方が劇的に長い。

ネコだって、野良猫は平均3年ぐらいの寿命ですが、飼い猫になると、10年以上生きるなんて、珍しくない。

人工知能が健康管理するようになれば、劇的に人間は長生きするでしょうね。

それを、『支配』というのか、『管理』というのか、感覚の違いかなって思ってしまいます。

もっとも、映画『マトリックス』のように、人間を『家畜』のように飼育するかもしれないし、『害獣』とみなされ、駆除する必要があると判断するかもしれませんが(^^;

どう思います?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする