GoToキャンペーンは、旅行に行くのが問題なのか、割引が適応されないのが問題なのか、話がごちゃごちゃになってますなぁ・・・w

SEO対策不要!LPで売り上げアップが楽!

ホームページでSEO対策? そんなことよりも・・・

販売ページ(LP)をしっかり作って、SNSから誘導すべき!

成約率の高いLPの作り方、知りたくないですか?

>>詳しくはここをクリック<<

公共交通機関での旅行は行かないので、どっちでもいいことなのですが(^^;)、GoToキャンペーン、2つの問題が、区別されることなく議論されてるので、ヤヤコシイ。

そもそも、GoToキャンペーンってのは、旅行代金を支援しますよー!って話。

なのに、なぜか、コロナに感染するから旅行はダメってな話とごっちゃになってる。

観光庁のサイトより

https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001351403.pdf
Go To トラベル事業

○ 国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の1/2相当額を支援。
○ 支援額の内、①7割は旅行代金の割引に、②3割は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与。
○ 一人一泊あたり2万円が上限(日帰り旅行については、1万円が上限)。
○ 連泊制限や利用回数の制限なし。

このように、GoToキャンペーンは、国内旅行の半分の金額を支援するって書いてあるだけで、旅行するなとも、旅行をしていいよとはも、言っていない。

ぶっちゃけ、行くか、行かないかは、自由なのです!!


ただ、コロナ感染の広がりを懸念する自治体は、こういうキャンペーンをやると、多くの人が移動するから、止めてほしいって言ってるし、逆に、観光地の売上がなくて、えらいこっちゃになってる自治体は、GoToキャンペーンを利用して観光してもらって、お金を落としてほしいって思っている。

その結果

時事ニュースより
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071700552&g=eco
団体旅行、支援対象外も 若者、高齢者は控えて―GoTo、東京外し22日開始

国土交通省は17日、観光需要喚起策「Go To トラベル」について、新型コロナウイルスの感染者が相次いでいる東京都を発着する旅行を支援の対象外にすると正式発表した。東京在住者かどうかを確かめるため、宿泊のチェックイン時に本人確認を実施。併せて若者や高齢者の団体旅行、大人数で宴会を伴うツアーは控えるよう呼び掛け、場合によっては補助対象から外す。東京発着以外は予定通り22日にキャンペーンを開始する。

『宿泊のチェックイン時に本人確認』って、これ、なんか危なくない?

日本国内の旅行なのに、海外に行ってパスポートを提示するように、身分証明を見せないと、割引してくれないってことになる!!

でも、行く前に旅行代理店には、割引価格で、支払っていたら、後から請求書が来るってこと??(ちょっと、そんな請求書、見てみたいw)

友達との旅行で、1人が都内で、1人が横浜だったら、片方が割引で、もう一人はダメってこと?w

家族であっても、全員、本人確認する??w

こりゃ、ホテルとか旅館、大変なことですよ・・・

しかも、それらの記録を保管して、役所に報告しなきゃならないとかなってきたら、宿泊施設の負担、大きくなりますよねぇ・・・・


さらに、若者や高齢者の団体旅行、大人数で宴会を伴うツアーを、場合によっては、対象から外すって、どうやって決めるのかなぁ・・・

例えば、バス・ツアーとかって、老若男女問わず参加できるから、平均年齢で、『若者の団体』とか『高齢者の団体』とか決めるの?w

バスガイドさんが、「おめでとうございます! 本日のお客様の平均年齢は、中年になりましたので、割引金額になりましたー!」とかやるのかな?www

なんか、どんどん、ツッコミどころ満載で、コントの台本が書けそうな状態になってきてますwww

SEO対策不要!LPで売り上げアップが楽!

ホームページでSEO対策? そんなことよりも・・・

販売ページ(LP)をしっかり作って、SNSから誘導すべき!

成約率の高いLPの作り方、知りたくないですか?

>>詳しくはここをクリック<<

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする